出来ない仕事はしっかり伝えよう

イベントスタッフやコールセンターなど、一度の募集で大量に人を集める派遣バイトでは、バイトの面接の代わりに、登録説明会というものに参加をする必要があります。実際に派遣で働くのが初めての人は、ものすごく重要な説明会なのですが、バイトの面接と同じような気持ちで参加をしなくてはいけません。何故かと申しますと、登録説明会では、派遣の流れや仕事内容の説明のあとに、実際に個別に面談をする時間を設けているからです。ですがこの面談は、バイトの面接とは異なり、緊張感がある雰囲気の中で行われるわけではありません。登録説明会に行きますと、登録シートという、履歴書や職務経歴書のようなシートがあります。そのシートに、自分自身の経歴などを記入する必要があります。面談ではそのシートを見ながら、派遣の担当者が細かく質問をして、紹介している仕事とマッチしているのかチェックをするのです。その際に、希望している勤務地や職種などを確認します。ここで、出来ない事ややりたくない職種があった場合には、曖昧にしないできちんと理由を添えて申告をする必要があります。何故かと申しますと、曖昧にハイハイと言ってしまいますと、実際に苦手な仕事を紹介されてしまうケースがあるからです。ですので、「小さい子どもがいるので、自宅から遠い勤務地には行くことが出来ない」「腰が悪いので立ち仕事は無理」など、はっきりとした理由があるのであれば、きちんと伝えましょう。それで登録先の印象が悪くなるという事はありませんので、安心して下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です